千葉県公安委員会許可 第441070002161号 合同会社ピーシーエキスパート

HOME > サービスメニュー > データ復旧サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

データ復旧サービス

Windowsが起動しなくてもデータを救出することができます!このような症状でお困りではないですか?
  • カチカチと異音が鳴っている場合

    カチカチという音は、データを読み取ろうとしたヘッドが、データ場所にありつけずに、いったん退避するときになります。あまり頻度が高くなければまだまだ救出は可能です。 カチカチ鳴ってからの通電時間は復旧率に大きく影響します。カチカチなった場合は、電源はもう入れないでください!診断名は軽度物理障害から重度もしくは最重度物理障害となります。
  • HDDの回転音がしていない

    ロジックボードの故障もしくは、ヘッド吸着の可能性があります。ロジックボード故障の場合は、これを交換することにより復帰できますが、互換性のあるロジックボードを入手するのは困難が伴います。また、通電直後にクックックと回ろうとする音が鳴る場合は、ヘッド吸着の場合が多いです。ヘッド吸着は、弊社内にて修理が可能です クックックとなる場合はヘッド吸着の可能性があります ヘッド吸着は、弊社内での修理が可能で、データ復旧率は90%以上です ヘッド吸着でない場合は、ロジックボード(基盤)故障の可能性が高いです ロジックボード交換は、まったく同じボードを入手する必要がありますが、旧いHDDほど入手が困難となります
  • ジッジッジジー、ジッジッジッジーと規則的な音がする

    規則的な音がするのは、データを読もうとしてうまく読めずにリトライ(再試行)場合に多いです。たいていは、何度か規則的な音がして、そのうちあきらめたように音が鳴らなくなります。(再試行回数オーバーにより読み取り不能) 。この現象は、ほとんどの場合、軽度もしくは中度物理障害で、弊社内にてデータ復旧が可能な場合が多いです。(復旧率80%程度)HDDを取り出して、外付けUSBケースに入れて別PCに接続した場合、うまく認識したとしても、フォルダを開いたとたんフリーズして、状況が悪化することが多いので要注意です。XP以降のOSが入っているHDDは、マイコンピュータのデータにアクセス制限がかかっている場合が多いです。 不良クラスタがある場合にこのような現象が起こる場合が多いです Windows動作中にこの音とともにフリーズする例が多いです 先頭クラスタが不良になると、この音とともにWindowsが起動しなくなることが多いです 軽度もしくは中度の物理障害で、殆んどの場合弊社内で復旧が可能です 外付けHDD化して復旧しようとすると、状況が悪化する場合がありますので要注意です
  • RAID崩壊などで起動不能

    RAID0、RAID1、RAID5、RAID6、RAID10、RAID01等ノートパソコンやバックアップストレージやNASなどに非常に多く採用されている各種RAID構成ドライブからのデータ復旧可能です。 RAID0ミラーリングで片側ストレージが故障しても高い復旧可能性があります。パソコンが起動しない、HDDが認識していなくてもデータ復旧の可能性があります。 「GRUB」と表示され起動しないLINUX・Server機など、この表示はブートレコードが見つからないときに出る場合があります。殆んどの場合RAID崩壊が原因で起こります。RAID構成方法により復旧率が変わりますが、弊社内でのデータ復旧が可能です。パソコン実機やRAID仕様のNAS本体で再構築を試みると状況が悪化するばかりではなく、データの消失が起こり復旧率が低下する場合がありますので要注意です
  • BIOSにて認識しない

    認識しないのは、ケーブルの断線、電源の故障の可能性、または、メインボードの故障の可能性がありますが、この場合は弊社内でのデータ復旧が可能です。ファームが飛んだり、最重度の物理障害であることも多いでが、HDD海外部品商社より互換部品調達可能です。もしくは提携しております研究所にて復旧が可能です。 ケーブルの断線、電源故障、メインボード故障の場合は、弊社内でのデータ復旧が可能です(復旧率90%以上) HDD自体に問題がある場合は、提携の研究所での作業となる場合があります。
  • Seagate製HDDが突然認識しなくなった

    Seagate製シリアルATAのHDDの一部の機種にて、ファームウェアのバグにより認識しなくなる現象が多発しております。 SeagateのHPにて型番を確認してください 弊社にて、この修理復旧技術は確立しており、ほぼ100%データ復旧が可能です
  • パソコンで認識するが「フォーマットしますか」と表示されるHDDの復旧

    HDDのパーティション情報や、その他の管理情報が壊れているときに「フォーマットしますか」と表示されますが、そのままの状態でしたらデータ復旧が可能です。 フォーマットを行ってしまうとさらにフォルダ名やファイル名の情報が消えて復旧率が下がります。
  • Operating System Not Foundのメッセージが出る

    OSのシステムそのものが破損している場合は、真っ黒画面に上記のようなメッセージが出て起動しなくなる場合があります。ほとんどの場合、弊社内でのデータ復旧が可能です。 軽度もしくは重度論理障害の場合が多く、弊社内でのデータ復旧が可能な場合が多いです(復旧率90%程度) 別パーティションがある場合は、アクティブ設定を見直してみてください チェックディスクをするとこのままデータ復旧不能に陥る可能性が高いので避けてください。
  • 次のファイルが見つかりませんでした・・・・C:\Windows\system32\CONFIGの表示が出た

    このような場合、表記されているファイルが本当にない場合は経験的に少ないです。NTFS内のファイルがかなり壊れていることが多いです。間違っても回復コンソールからchkdskは行わないでください。この場合、弊社内でのデータ復旧が可能な場合がほとんどです(90%以上) 絶対にチェックディスクは行わないでください エラーメッセージに記載されているファイルを補っても起動するようにならないことがほとんどです 弊社内でのデータ復旧が可能な場合がほとんどです
  • 間違えてフォーマットしてしまった

    フォーマットはインデックスを消すだけなので、復旧できる可能性が高いです。弊社内での復旧が可能な場合がほとんどですが、フォーマット後にどのくらいファイルを書き込んだかで復旧率が変わります フォーマット直後ならデータ復旧率は比較的高いです(70%程度) ファイル名の情報がなくなっている場合があります。
  • Invalid partition tableと表示し、起動しなくなった

    パーティションテーブルの破損が考えられます。外付けUSB化しても、フォーマットしますか?と出てどうにもならない場合が多いです。この現象が出たらまずは電源をお切りになってご相談ください。通電時間が少なければかなりの確率で弊社内でのデータ復旧が可能です(80%程度)
  • ガーーーーーーーーーーーと音がなって、最初は起動したけど、最後には起動しなくなった

    HDDのモーターが劣化するとこの現象が起こる場合が多いです。特に、2.5インチ東芝製で多発しております。弊社内にてモーター交換をすることにより復旧可能な場合が多いです(80%程度) モータの劣化のため、プラッタの回転速度が上がらず、ヘッド吸着に進行する場合があります 短期間の進行性の症状を呈する場合が多いです。この音が鳴ったら直ちにデータバックアップをお勧めします 弊社内でのデータ復旧が可能な場合が多いです(80%程度) 東芝製2.5インチHDDに多いです。特に2005年前後に発売されたパソコンに多く採用されています。
  • メーカーサポートの言われるがままにリカバリーしてしまった

    パソコンが起動しなくなったので、メーカーサポートに相談して、データが消されることを知らずにリカバリーしてしまったというお客様が後を絶ちません。この場合、データ復旧できるかどうかは運次第となります。多くのデータを保存していて、リカバリーのイメージが小さければ多少確率は上がりますが、ファイル名の情報が失われている場合が多いので、データ復旧は困難を極めます。データ復旧率は経験的に40%程度です。写真データなどを復旧できますが、ファイル名がわからないので、Exif情報から撮影日時抽出が可能です。 リカバリーのデータの大きさによってデータ復旧率が左右されます 復旧できた場合も、ファイル名が失われている場合が多いので、目的のファイルを探すのに苦労する場合が多いです 弊社内での復旧は可能ですが、ほとんどの場合、一部のファイルの復旧にとどまる場合が多いです Dドライブなどの別パーティションに保存されているファイルはほぼ100%復旧が可能です
  • Buffalo製のファイルサーバー NAS LinkStation・TeraStationのデータ復旧

    バッファロー製のファイルサーバー NASであるLinkStationやTeraStationがエラーの場合、複数のHDDにRAID構成されてデータ格納されている場合が多く、論理的、物理的な故障併発やRAID崩壊、再構築失敗などが起こります。仮想RAID構築手法により弊社での復旧が可能となります。 特にメーカーで複数HDD故障によりデータ温存は不可能と言われたNASでも、最重度物理障害でなければ弊社での復旧が可能となります。 NAS本体のRAID再構築はデータの消失が起こる可能性がありますので要注意です。
  • IO-DATA製のファイルサーバー NAS LANDISKのデータ復旧

    IO-DATA製のファイルサーバー NASであるLANDISKが動かない場合でも、データはたいていExt-3などのLinux系フォーマットとなっております。最重度物理障害でなければ弊社での復旧が可能となります。NAS本体にも様々なOSが使われてデータ保存のフォーマットが異なりますが、不調なNAS本体での復旧やHDDを取出してLinuxマウントでのHDDアクセスは症状の悪化やデータ消失が起こる可能性がありますので要注意です。
  • Macのデータ復旧

    OS10やOS9、それ以前のOSなど対応しています。SadMac別名泣きMacが表示されデバイスや機器が不調な時に再起動を繰り返すとデータが消失する場合があります。最重度物理障害以外でしたら弊社内でのデータ復旧が可能です
  • デジカメなどのメモリカードやUSBメモリのデータ復旧

    デジカメのカードに静電気などが加わると「読み取れません」や「フォーマットしますか?」などと表示されてデータ読み書きができなくなる場合が多いです。このような場合は、弊社内でのデータ復旧が可能ですので絶対にフォーマットしないで下さい。MicroSDなどはまれにチップが静電気などで破損する場合があります。このような場合は復旧率が落ちます。
  • HDDムービー本体からのデータ復旧

    HDDムービー本体に保存した動画が消えてしまった、うっかり消してしまった、外部やSDカードに記録できないまま消去したなど。このような場合は、弊社内でのデータ復旧が可能です。消失に気づいたらムービーに装着してあるカード類をそのままに、ムービー電源の入り切を繰り返さないうちにお持ちください。
  • メールデータの復旧

    メールデータの保存先は非常に複雑に管理されている場合が多いです。未だに非常に多くの使用者がいるOutlookExpressなどは保存容量の限界があり、最適化と称して履歴やアドレス帳を勝手に無作為に捨ててしまいます。WindowsLiveMailも突然カレンダー機能が破損してメールソフトが開かなくなる事象が報告されています。メールやアドレスが消失したら、メールソフトやパソコン使用をひかえてすぐに相談頂ければ復旧可能性は非常に高いです。
  • CDや、DVDに傷が付いてしまい、パソコンで読み取れなくなった

    信号面の傷でしたら、弊社内にて復旧が可能です。特殊研磨機により記録面の傷を研磨することにより復旧いたします。CD-RやDVD-Rは、表面の傷のほうが記録面の傷よりデータ破損率が高いので要注意です!

異音がしない場合は、かなりの高確率でデータ復旧ができます。またモーターが回ろうとしてるけど回っていない場合など、ヘッド吸着の可能性があります。この場合の救出率は比較的高いのでぜひご相談ください。カコンカコンと異音がするなどハードディスクが壊れてしまった場合でも復旧が可能な場合があります。諦めずにご相談ください。弊社内で復旧できない場合には専門の研究所や提携会社で救出支援いたします。

データ復旧料金

データ復旧ができなかった場合は、料金はいただきません。成功報酬・無料見積もり。

救出希望のフィルだやファイルのピンポイント復旧、例えば写真とWordExcel文書と特定した救出も可能です。復旧可能データリスト提出

データ復旧料金=データ救出成功報酬+データ保存用ストレージ

例1 軽度論理障害で写真復旧パック4GB未満であった場合:20,000円+4GBメモリ2000円+税
例2 軽度論理障害で復旧合計量が10GBであった場合: 50,000円+16GBメモリ4,000円+税
例3 RAID1崩壊論理障害 Buffalo TeraStation500GB :100,000円+保存HDD15,000円+税

データ復旧料金は、大手データ復旧会社の半値から10分の1もあります。救出できない場合は料金0円
大手復旧会社の高い見積もりにびっくりした人
例1 日本一の復旧率を誇るから→どこの会社も同じような宣伝をしていますが、信憑性は推して知るべしです。
例2 クリーンルームやクリーン環境を整えているから→クリーン環境が必要なデータ復旧作業は全体の10%未満です。
例3 クローン化してオリジナルデータを担保するから→弊社でも必ず行うクローン化。
例4 大手メーカーと提携しているから安心→ハードメーカーと提携を結んでもデータ復旧依頼者のメリットは皆無です。
例5 早い決断を求めて、どんどん復旧率が下がります、何日までならこの価格など→不安を煽る会社はやめたほうが良いです。

対象:ハードディスク軽度論理障害
4GBまで 30,000円
10GBまで 50,00円
10GB以上 お見積もりいたします。大手データ復旧会社の半値から10分の1程度
対象:ハードディスク重度論理障害
2GBまで 40,000円
5GBまで 60,000円
10GBまで 90,000円
10GB以上 お見積もりいたします。大手データ復旧会社の半値から10分の1程度
対象:ハードディスク物理障害
ロジックボード交換 部品代+32,000円
ヘッド吸着の解除作業 20,000円
10GBまで 90,000円
10GB以上 お見積もりいたします。大手データ復旧会社の半値から10分の1程度

最重度の物理障害の場合や超難易度RAID崩壊などは、弊社提携の データ復旧研究所 KOGANE技研 にてデータ復旧をいたします。

対象:メモリカード(論理障害)
コンパクトフラッシュ 6,000円~30,000円
SDカード 6,000円~30,000円
スマートメディア 6,000円~30,000円
メモリスティック 6,000円~30,000円
USBフラッシュメモリ 10,000円~30,000円
フロッピーディスク 6,000円~30,000円
対象:NAS、ファイルサーバー、RAIDバックアップストレージ(論理障害)
バッファローNAS TeraStation LinkStation  100,000円~大手データ復旧会社の半値から10分の1程度
IO-DATA NAS (Linux) 100,000円~大手データ復旧会社の半値から10分の1程度
RAID0、RAID1、RAID5、RAID6、RAID10、RAID01 150,000円~大手データ復旧会社の半値から10分の1程度
対象:CD, DVDなど(研磨1枚当たりのお値段です)
音楽CD 500円
DVDビデオ 1,000円
CD-ROM 1,000円
DVD-ROM 1,200円
CD-R/DVD-R 1,500円
Blu-ray Disc 2,000円
復旧データ保存USB
4GB USBメモリ 2,000円
8GB USBメモリ 3,000円
16GB USBメモリ 4,000円
32GB USBメモリ 6,000円
64GB USBメモリ 8,000円
ポータブルUSBハードディスク お問い合わせください
DVD-R 一枚につき1,000円

【特別パック料金】

パック名称 料金 作業内容
写真復旧パック
20,000円
デジカメメモリやパソコンピクチャーの写真データを復旧します。バックアップメモリ別
写真&ドキュメント復旧パック
30,000円

4GBまでのデータ(ドキュメント、ピクチャー、デスクトップ、メール履歴、アドレス帳)

音楽、動画データご希望の場合はご相談ください。バックアップメモリ別

データ復旧実績

2016年08月  評価なし
NEW データ救出 
東京都豊島区 個人のお客様
2016年07月  評価なし
データ救出 
千葉県松戸市 法人のお客様
2016年07月  ★★★★★(5)
データ救出 
千葉県流山市 個人のお客様
2016年07月  評価なし
データ救出 
東京都大田区 法人のお客様
2016年05月  評価なし
データ救出 
千葉県松戸市 個人のお客様
2016年05月  評価なし
データ救出 
神奈川県厚木市 個人のお客様
2016年04月  ★★★★☆(4)
データ救出 
千葉県松戸市 個人のお客様
2016年03月  評価なし
データ救出 
東京都港区南 法人のお客様
データ復旧実績一覧はこちら
サイト内検索

トラブル診断と修理した場合の見積金額を自動で計算します

パソコントラブル全般

SSD換装・HDD交換

当社が選ばれる理由
 当日引取りいたします!ヤマト運輸 宅配便で日本全国対応
クレジットカード払いOK 分割・ボーナス払いにも対応
学校法人・医療機関様 掛売り対応いたします
顧客満足度97%お客様の声
お得な!!キャンペーン
修理代理店募集
パソコントラブルQ&A



トップページに戻る

お電話での修理相談 メールで修理診断